メタボ予防にはカテゴリの記事一覧

メタボ予防と食事

メタボ予防には毎日取る食事の栄養をバランスよく取る事から始めましょう。


メタボ予防の為には、まず1日に必要な摂取エネルギー量を知り、そのエネルギー量を計算した上で栄養バランスを考えた食事を摂ることが重要です。


ここで重要なのは、なんでもいいからエネルギー量を抑えるのではなく、炭水化物、たんぱく質、脂質の三大栄養素は1日の最低必要量を摂るようにと言う事です。


では、メタボ予防の為に摂取エネルギーを算出してみましょう。


これはダイエットにも言える健康的に痩せるための摂取エネルギーとも言えますね。


メタボ予防の為の摂取エネルギーの計算の元になるのは標準体重です。


「標準体重=身長(m)×身長(m)×22」これが計算式。


これに25〜30キロカロリーをかけた数値がメタボ予防の為の1日の摂取エネルギーになります。


炭水化物、たんぱく質、脂質の三大栄養素は1日の最低必要量は、1日に必要なエネルギー量は炭水化物で50〜60%、タンパク質で15〜20%、脂質で20〜25%でからとることが適正とされています。


この三大栄養素の割合は究極の健康食と言われる、糖尿病の治療食の割合ですが、メタボ予防にはまさに最適と言えるようです。


さらに各種ビタミンやミネラル、食物繊維もバランスよくとることが大切です。


これはメタボ予防だけでなくダイエットなどにも言えることです。


とくに食物繊維には、食後の高血糖抑制作用やコレステロール低下作用、便通調整作用などがあります。




Copyright (c) メタボ予防対策. All rights reserved.



メタボ予防対策サイトTOPへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。